眼科検査の基本!まずはこれだけ押さえておきたい視力検査のコツ

視能訓練士 視力検査
後輩視能訓練士

視力検査が基本なのはわかるけど、時間がかかったり文句を言われたりしてスムーズにいかない…

視力検査は眼科検査の基本であり、
どの施設においても日常的に行われる
検査です。

特に新人の場合は

「どのレンズを入れるか?

に意識が集中しがちですが、検査中の
声かけなども検査結果に影響します。

この記事では、視力検査をスムーズに
行うための基本的なコツを解説します。

検査中に意識してほしいポイントや、
悩みがちな場面での対処法も紹介して
いるので、ぜひ参考にしてください。

目次

視力検査で患者さんに
よく聞かれる3つのこと

視力検査は患者さんとの距離が近い
ため、様々なことを聞かれます。

患者さんに不安感を与えないため
にも、落ち着いて答えられるように
しておきましょう。

1.「視力検査って何を調べているの?」

「視力」や「度数」は視能訓練士に
とっては当たり前の言葉ですが、
一般的にはあまりよく理解されていない
方が多いです。

できるだけかみ砕いた言葉で、
わかりやすく説明しましょう。

視力検査の説明例
  • 「どのくらいまで見えるのかという視力と、一番よく見える度数のレンズを調べています」
  • 「視力と度数は全く別のものです」

2.「この前も視力検査したばかりなのに、またやるの?」

視力検査は頻度が高いため、患者さんから

「またやらなくちゃいけないの?」

と言われることもあります。

この場合は、後に控えている検査の
有無や視力検査の目的に応じて、
納得していただけるような説明を
心がけてください。

【視野検査など他の検査がある】

「これから行う〇〇検査を正確に行うために、本日の視力を測らせてください」

【手術やレーザーなどの処置前後】

「手術(処置)前後で視力に変化があるかどうかを評価するため、視力検査が必要です」

【定期検診など】

「先生が〇〇さんの目の状態について詳しく診察するために、前回から変わりないかどうか確認させてください」

先輩視能訓練士

必要な理由を説明しても協力が得られない場合は、無理強いせず医師に確認しましょう

3.「進行している?治る?」病気や治療に関すること

視力検査では患者さんが見え方を
自覚しやすいため、

  • 「前回よりも私の病気は進行している?」
  • 「この病気って治るの?」

など、病気や治療に関する質問も多いです。

先輩視能訓練士

病気や治療についての言及はトラブルの原因となるため、避けてください

後輩視能訓練士

「検査の人には大丈夫って言われた!」なんて診察室でトラブルになりかねませんね…

視能訓練士の立場でどこまで患者さんに
伝えてよいのか、境界線をしっかりと
定めておきましょう。

「病気や治療に関することは私からはお話できないので、診察で先生に聞いてみてくださいね」

視力検査をスムーズに行うコツ

ここでは、視力検査をスムーズに
行うためのコツを紹介します。

  • あらかじめ所見や視野の状態を確認する
  • コミュニケーションも意識する

事前に眼底所見や視野などもしっかり確認

検査前には必ずカルテや紹介状を確認します。

視力や屈折だけでなく、疾患名や眼底所見、
視野などもしっかりと把握しておきましょう。

例えば、

  • 黄斑部が障害されている
  • 視野が狭くなっている

などの所見がある場合、
視標の提示方法や声かけにも配慮
必要です。

声かけやコミュニケーションも意識する

視力検査は患者さんとの
コミュニケーションが重要な検査です。

  • いきなり視標を提示して
    「これはどうですか?」と検査を始める
  • 患者さんの応答に反応せず
    黙々と検査を続ける

以上のような検査をしていませんか?

検査時には必ず

「切れ目の方向を教えてくださいね」

と一言説明しましょう。

患者さんの応答にも都度反応しながら
検査を進めることで、信頼関係を築き
やすく
なります。

視力検査中にベテランが
意識している3つのポイント

ここでは、視力検査中に意識してほしい
3つのポイントについて解説します

  1. 目を細めていないか
  2. 頂点間距離は適正か
  3. 屈折に対して妥当な視力値か

1.目を細めていないか

検査中は常に患者さんの様子を
観察しましょう。

一生懸命答えようとするあまり、
無意識に目を細めてしまう
患者さんは多いです。

そのような患者さんに対しては、
以下のように説明・声かけしましょう。

「目を細めると正確な視力が測れないので、目を大きく開けてお答えください」

「わかるところまででいいので、目を大きく開けてください」

目を細めることがクセになっており、
声かけしても改善しない場合は

  • 「説明や声かけをしても目を細めてしまう」

という旨をカルテに記載してください。

後輩視能訓練士

近視になり始めたお子さんでよく見かけます

先輩視能訓練士

眼鏡を作るかどうかの判断基準にもなりますね

2.頂点間距離は適正か

「頂点間距離が適切に保てているか」
という点も常にチェックしてください。

検眼枠のサイズが合っていなかったり、
レンズを多く重ねたりすると
鼻眼鏡のようにずり落ちて検査結果に
影響
してしまうためです。

お顔に合った検眼枠を選ぶことに加え、
どうしてもずり落ちてしまう場合は
患者さんの手で検眼枠を支えて
もらいましょう。

先輩視能訓練士

屈折異常が強いほど、わずかなズレでも検査結果に影響します

3.屈折に対して妥当な視力が得られているか

視力検査中は、視力と屈折の関係性
常に意識してください。

屈折に対して妥当な視力が得られて
いない場合、再検査して確認する必要
があります。

再検査が必要な例
  • 完全屈折矯正値が-6.0Dにも
    かかわらず、裸眼視力が0.3
  • 矯正中-0.50Dのレンズを足しただけで
    (0.6)の視力が(1.5)まで上がった
先輩視能訓練士

まずは「おかしい」と思えること、次に「なぜおかしくなったのか」を考えられることが大切です

こんなときどうする?
視力検査の「困った!」

ここでは、視力検査中に困りがちな
場面について、その対処法を解説します。

矯正しても視力が出ない!

前回値と比べて視力が出ない場合は、
粘って時間をかけすぎないよう
注意しましょう。

度数調整などによる確認は必須ですが、

「視力が出ない」という結果も診察において重要な情報

なのです。

検査結果に自信がない場合、可能で
あれば他のスタッフに再検査を
お願いしましょう。

先輩視能訓練士

その場合はできるだけ早い段階で声をかけてくださいね

どのレンズを当てても
「よく見える」と答える

視力検査では「聞き方の言葉選び」
注意が必要です。

例えば、レンズを当てて

△「どちらがよく見えますか?」

という聞き方ですが、これだと
レンズを重ねていない方が
「明るくて見やすい」と答える
可能性があります。

後輩視能訓練士

たしかに、これは本来ほしい回答とは違いますね…

解決策は「具体的に聞くこと」

患者さんの返答がこちらの意図と
異なることに気づいたら、

◎「Cがよりハッキリ見えるのはどちらですか?」

などと具体的な質問に変えてみましょう。

また、

  • 「レンズは多く重ねるほどよく見える」
     と思い込んでいる患者さん

もいます。

「どちらのレンズがはっきりと見えますか?」

「(確実に見える視標を出して)切れ目がよりハッキリ見えるレンズはどちらですか?」

など、常に具体的な聞き方を意識しましょう。

先輩視能訓練士

「複数の解釈ができる質問」より「確実な答えを聞くための具体的な質問」をしてください

基本を押さえて視力検査をマスターしよう

視力検査は眼科検査の基本で
ありながら、とても奥が深い検査です。

難しく感じる方も多いかもしれませんが、
眼科分野を深く学んできた視能訓練士
としてのスキルを発揮できる検査でも
あります。

まずは基本的な手技や考え方を
しっかりと押さえることが重要です。

その上で、失敗を重ねながら
どんどん経験値を積んで
いきましょう。

先輩視能訓練士

「視力検査は誰がやっても同じ」ではありません!

常に考えながら行い、経験を積めば、より精度の高い結果を出せるようになりますよ

視能訓練士 視力検査

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

視能訓練士応援「Contact メディア」は視能訓練士に特化した求人情報サイト「Contact キャリア」が運営するメディアです。勉強や仕事、就活、転職などなど。学生〜既卒まで幅広い方に役立つ情報をお届けしています。
また、ご自身の経験談(学生時代の悩み、仕事の悩み、転職の悩み)についてお話を聞かせていただける方を募集しています。

目次