情報をうまく引き出す問診術【再診・小児におけるコツも解説】

問診

検査時に患者さんをお呼びして、
まず最初に行うのが問診です。

臨地実習中や入職したばかりの
新人が任されることも多いでしょう。

問診は、検査や診察をスムーズに
行うためにとても重要な項目です。

この記事では、問診において検査や診察に
必要な情報をうまく引き出すための
ポイントを解説します。

目次

なぜ問診が大切なのか?

問診の段階で必要な情報を聞き出せれば、
検査や診察の効率化につながります。

問診が不十分だと必要のない検査をしたり、
診察に時間がかかったりと正しい診断結果が
出るまでに遠回りしてしまう
可能性があります。

また、問診から得られた情報で検査の方向性や
注意すべきポイントが把握できることも多く、
視能訓練士が検査を行う上でも役立ちます。

「緊急性があるかどうか」も常に意識しよう

問診では、緊急性があるかどうかも
常に意識しましょう。

早急な診察や処置が必要なケースを
見抜くことが重要です。

具体的には以下のような
症状や疾患が挙げられます。

緊急度の高い眼科疾患

  • 網膜中心動脈閉塞症
  • 網膜剥離
  • 急性緑内障発作
  • 眼内炎
  • 眼外傷

緊急性があると考えられる症状

  • 急激な視力低下(「急に見えなくなった」)
  • 激しい目の痛み
  • 眼外傷

急激な視力低下に加えて
「視界にカーテンのような膜がかかって見える」
などの訴えがある場合は、
網膜剥離の可能性も考えられます。

「充血やかゆみ」は
流行性角結膜炎の可能性も考える

流行性角結膜炎(以下EKC)が疑われる場合は
院内感染を防ぐため、検査を行わず診察に回す
必要があります。

「充血」「めやに」「かゆみ」などの
訴えがある場合は、
EKCの可能性も考えながら問診を進めましょう。

確認したいポイントは以下の3点です。

  • 充血やめやにの程度
    (外見上の所見も観察)
  • かゆみの強さ
  • 周囲に似たような症状の人はいないか

問診で気を付けたいポイント

問診では、患者さんの訴えをそのまま
聞き流せばよいわけではありません。

話を聞きながら要点をまとめ、
詳しく確認すべき内容に対しては、
こちらから質問することも必要です。

問診を取りながら、患者さんと一緒に
訴えを整理していくイメージで行いましょう。

患者さんとのコミュニケーションは、問診や
検査をスムーズに行うためにとても大切です。

しかし、時には「問診をしていたはずが、
気付いたら患者さんと世間話になっていた」
ということもあります。

話が逸れていることに気付いたら軌道修正し、
流されないように意識しましょう。

初診における問診のポイント

初診では問診票を書いてもらうため、
問診票をもとに患者さんの話を聞いていきます。

主訴が多い場合は「最も困っている症状はどれか?」と確認し、受診した理由や優先順位を
明確にしましょう。

「特に困っているわけではないが、
当てはまる症状には丸をつける」という
患者さんも少なくありません。

初診の問診では目の症状に加えて
以下のようなことも確認し、
患者さんの情報を集めます。

  • これまで眼科で治療や手術を
    行ったことはあるか
  • 体の病気や既往歴
    (糖尿病があればHbA1c値も確認)
  • 現在飲んでいる薬
  • アレルギーの有無
  • コンタクトレンズ装用の有無
  • 交通手段(散瞳の可能性が考えられる場合)

「見えにくい」などの訴えがある場合は
散瞳の可能性も考慮し、
交通手段も確認しておきましょう。

実際の問診例|初診

例)初診の60代女性
「急に見えにくくなった」

・「急に」とは具体的にいつ?
数時間前?数日前?数か月前?
→ 緊急性の有無を確認

・どのような見えにくさ?
→ かすむ、ぼやける、真っ暗になるなど

・見えにくいのは右目?左目?両目?
・見えにくいのは遠方?近方?
・眼鏡は装用している?
→ 装用している場合:眼鏡をかければ見える?

※見えにくい=「眼鏡をかければ見えるが、
裸眼だと見えにくい」という場合もある

・来院時の交通手段は?
→ 主訴から散瞳の可能性が考えられるため

再診における問診のポイント

再診の問診は「変わりない」の
一言で終わることも多いですが、
患者さんからの訴えや情報を
聞き流さないように注意しましょう。

特に、眼鏡処方や手術、レーザー後の問診は
丁寧に行ってください。

問診の「聞き方」も大切です。

「変わりないですか?」だけではなく、
「前回は〇月に来院されていますが、
その後目のことで変わった点や気になる点は
ありましたか?」という聞き方をすることで、
患者さんも前回受診時以降のことを
イメージしやすくなります。

また、問診時には特に訴えがなかったとしても、
その後の視力検査で前回値よりも
明らかな視力低下が認められる場合は、
再度見え方について確認しましょう。

実際の問診例|再診

例)50代男性
「前回、初めて近用眼鏡を処方した」

・眼鏡は作成したか?
→ 作成していない場合:
その理由は?作成する意思はあるか?

・本日は作成した眼鏡を持参しているか?
→ 処方通りか度数を確認

・作成した眼鏡を使用しているか?
→使用していない場合:
その理由は?装用感?見えにくい?
→使用している場合:
装用感はどうか?気になることはないか?

小児における問診のポイント

小児の問診は基本的に保護者に
対して行うことが多いですが、
受け答えが可能な年齢であれば本人に対しても
行います。

その場合は必ず保護者からも
普段の様子を聞き出し、
本人の訴えと照らし合わせましょう。

心因性視力障害が疑われる場合は、
本人と保護者への問診を同じ場所で
行わないよう配慮してください。

実際の問診例|小児

例)小学2年生の女児
「学校健診で両目ともC判定だった」

(本人に対して)

  • 学校の席は前から何番目?
  • 授業中は黒板の字が見える?
  • 見えにくいことはない?

(保護者に対して)

  • 検診で指摘されたのは今回が初めてか?
  • 目を細めるなど、見えにくそうに
    している様子はあるか?
  • 目に関して気になることや様子はあるか?

問診のポイントまとめ

患者さんをお呼びして一番最初に行う問診は、
眼科検査や診察の基本です。

問診時に情報をうまく引き出すことができれば、
その後の検査や診察が効率的に行えるため、
結果的に患者さんの負担も軽減できます。

問診の聞き出し方や言葉選びによっても、
患者さんから得られる情報量は変わってきます。

患者さんの気持ちに寄り添って
どのような聞き方をすれば話しやすいか」と
試行錯誤したり、
こんなことも聞いておけばよかった」と
振り返ったりしながら、
問診術を高めていきましょう。

参考)

https://primary-care.sysmex.co.jp/speed-search/disease/index.cgi?c=disease-2&pk=388

問診

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

視能訓練士応援「Contact メディア」は視能訓練士に特化した求人情報サイト「Contact キャリア」が運営するメディアです。勉強や仕事、就活、転職などなど。学生〜既卒まで幅広い方に役立つ情報をお届けしています。
また、ご自身の経験談(学生時代の悩み、仕事の悩み、転職の悩み)についてお話を聞かせていただける方を募集しています。

目次