眼鏡処方の流れとポイントを解説!【知っておきたい基礎編】

視能訓練士 眼鏡処方
後輩視能訓練士

眼鏡処方って何を重視して聞けばいいかわからない。

本当に自分のやり方で合っているのか不安…

眼鏡処方は患者さんとコミュニケーション
を取りながら、可能な限りニーズに合った
眼鏡を提案
していく検査です。

検査を進めながら考えなければならないこと
や患者さんに説明することも多いため、
難しく感じたり、必要以上に時間がかかって
しまったりという人も多いかもしれません。

この記事でわかること

眼鏡処方の基本的な流れ
それぞれの検査項目において
押さえておきたいポイントを解説

先輩視能訓練士

最後まで読めば眼鏡処方に自信がつきますよ!

目次

眼鏡処方の流れ

まずは、
眼鏡処方の基本的な流れを
項目ごとに解説します。

  1. 問診
  2. 視力屈折検査
  3. 装用テスト度数決定
  4. 装用テスト
  5. 処方度数決定

①問診

問診では、
患者さんのニーズや日常生活を
詳しく聞き取ります。

特に、
「どのようなことに困っているか」
「不自由を感じているか」
という点を意識します。

その上で、

「眼鏡を作りたいと思った理由」

を深堀りしましょう。

中には眼疾患による矯正視力不良など、
不自由を感じていることが眼鏡では
解決できないケースもあります。

患者さんのニーズに対して眼鏡で
どこまで対応できるのか?

問診の時点である程度整理しておくと、
眼鏡処方の流れや方向性を決める上で
役立ちます。

②視力屈折検査 

眼鏡処方時の視力屈折検査は、
いつも以上に丁寧に行います。

以下のことを常に意識しながら
検査を行いましょう。

眼鏡処方で意識すること
  • 球面・乱視度数や軸の微調整
  • 検査中に目を細めていないか
  • 屈折に対して妥当な視力が得られているか
  • 過矯正になっていないか

患者さんには、

「今日は眼鏡を作るので、
少し時間をかけて視力検査していきますね」

と事前に伝えておくと、
検査協力が得られやすくなります。

また、

前回値と比べて、視力・屈折に
大きな変動がないかどうか

も必ずチェックしてください。

変動が大きい場合は医師に確認し、
処方を見送ることもあります。

先輩視能訓練士

「今は眼鏡処方はやめたほうがいいかもしれません。医師と相談しましょう」と説明するのも大切な役割です

③装用テスト度数決定

完全矯正値が得られたら、それをもとに
実際に処方する度数を決めていきます。

処方度数は視力だけでなく、

  • 左右差
  • 乱視度数
  • 患者さんのニーズ
    (眼鏡を作成する目的)
  • 今使用している眼鏡の度数

などを考慮します。

患者さんが現在使用している眼鏡が
ある場合は、その度数を参考に度数を
決定することも多いです。

特に不同視や乱視が強い場合、
現用眼鏡の度数は

どのくらいの度数までなら
違和感なく装用できるか

という貴重な情報になるためです。

先輩視能訓練士

もし「いつも使ってるけど今日は持ってきていない」場合は、次回、眼鏡を持ってきてもらってから処方する方が良いこともあります

④-1 装用テスト

処方度数が決まったら、患者さんに
5~10分間ほど実際に装用してもらいます。

装用テストは、ただ患者さんに処方度数を
かけさせればいいわけではありません。

  • 装用テストを行う理由
  • どのような点を意識しながら過ごしてほしいか

を必ず伝えましょう。

この点が理解されていないと、
以下のように正しく装用テストが
できない可能性があるためです。

遠用眼鏡の装用テストなのに…

  • ずっと椅子に座ってスマホを見ていた

近用眼鏡の装用テストなのに…

  • 院内を歩いて「見えづらい」と訴えている

④-2 装用テスト時の説明例

装用テストをする際には次のような
説明を心掛けましょう。

遠用眼鏡の説明例

しばらく待合室の中を歩いたり、
視線を動かしたりして、違和感や
クラクラする感じなどがないか
確認してみてください。

用途は遠くを見るための眼鏡なので、
日常生活で使うような視線の動きや
動作
を行い、違和感がないか試します。

近用眼鏡の説明例

手元の見え方や違和感がないかどうか、
座った状態でしばらく確認してください。

この眼鏡は近く用の度数なので、遠くは
見えません。

かけたまま歩くと危ないので、
装用テスト中に席を立つ場合は
必ず外してください。

近用眼鏡の装用テストでは、うっかり
かけたまま立ち上がろうとする人
もいます。

いったん検眼枠を外し、装用テストをする
場所まで持って行ってからかけてもらうのが
いいでしょう。

先輩視能訓練士

普通の視力検査は「矯正視力が出るかどうか」が大事ですが、眼鏡処方は「ニーズを満たせるかどうか」が重要です

⑤処方度数決定

装用テストを行い、
「これなら大丈夫そう」
という反応が得られれば、
処方度数は決定です。

決定後には、

  • まずは数週間使ってみてもらうこと
  • 合わないと思ったら遠慮なく教えてほしいこと

といったことを伝えます。

もし、「やっぱりなんだか見づらい」
となれば状況の聞き取りから
再スタートです。

先輩視能訓練士

一度の処方はでうまくいかないこともあります。

「合わないのに言えずにいる」ということがないよう、信頼関係を築くことが大切です

眼鏡処方の重要ポイント

ここからは私の臨床での経験をもとに、
眼鏡処方時に押さえておきたい
重要ポイントを解説します。

  1. 日常生活をイメージしながら検査する
  2. デメリットもしっかり説明する
  3. 「眼鏡への期待値のズレ」を見逃さない

①患者さんの日常生活を
イメージしながら検査する

患者さんの日常生活を具体的に想像
しながら検査することが重要です。

患者さんは処方された眼鏡で
日常生活を送ります。

検査室での見え方だけではなく、
問診や検査中のコミュニケーションで
患者さんの日常生活を具体的に
イメージしながら検査を進めましょう。

日常生活の遠用眼鏡とは?
  • 眼鏡は常にかける?
  • 必要時のみ?
  • 仕事はしている?
  • どんな仕事?
  • 車の運転はする?

など

「運転する」と答えた場合も、
普通免許か二種免許かなど
なるべく細かく聞き取ります。

日常生活の近用眼鏡とは?
  • 何を見たいのか?
  • 新聞?
  • 文庫本?
  • パソコン?
  • 具体的な視距離は?
  • 遠近両用のニーズはある?

など

特に重要なのは「見たいものまでの距離」
です。

患者さんの年齢から残存調節力を推測し、
視距離までの必要調節力を計算しながら
それを補う眼鏡を作る必要があります。

先輩視能訓練士

近用眼鏡には計算が必要になるものの、教科書通りにはいかないことも多いものです。

装用テストで患者さんの自覚も重視しましょう

②デメリットもしっかり説明

眼鏡処方のメリットだけでなく
デメリットもしっかりと説明しましょう。

デメリットに対する説明が足りていないと

  • 「こんなはずではなかった」
  • 「せっかく眼鏡を作ったのに、
    思っていた見え方と違う」

など、クレームに繋がる可能性もあります。

デメリットの説明例

この度数は、はっきりと良く見えますが、
慣れるまで違和感が出る可能性があります

かけやすさ(装用感)を重視して
乱視の度数を調整したので、
見え方は少し物足りないかもしれません。

特に、遠近両用眼鏡は

  • 「遠くも近くも良く見える万能な眼鏡」

というイメージを持っている
患者さんが多いです。

初めての患者さんにはデメリットも
理解してもらえるように説明しましょう。

遠近両用メガネのデメリット説明例

一枚のレンズに遠くの度数と近くの
度数が入っているので、視線の動かし方
など使い方にコツが必要です。

人によってはなかなか慣れなかったり、
難しく感じたりすることもあります。

使い方に慣れるまでは、階段を降りる
ときなどに十分注意してください。

足元が見えにくく、
危なく感じることがあります。

先輩視能訓練士

遠近両用は人を選ぶ眼鏡です。

患者さんが希望していてもおすすめできない場合は、できない理由をしっかり伝えましょう

③「眼鏡への期待値のズレ」
を見逃さない

「眼鏡をすればすべての問題が解決する」と
期待値が高すぎる患者さんの誤解を解くことも
大切です。

  • 眼鏡を作れば良く見えるはず
  • 不自由が解消できるはず

という理由から眼鏡処方を希望される
患者さんはとても多いです。

しかし、
眼疾患による矯正視力の不良や
不同視のため眼鏡では両眼を完全矯正
できないなど、

眼鏡では患者さんのニーズや不自由を
解決できないケース

も多くあります。

眼鏡で解決できない場合は、以下の点を
丁寧にわかりやすい言葉で説明しましょう。

  • 眼鏡では解決できない具体的な理由
  • どこまでなら眼鏡で対応できるのか
  • 眼鏡以外に改善策はあるのか
先輩視能訓練士

コミュケーションをとりながら、「この人はちょっと勘違いしているかも」というポイントを見逃さないようにしましょう

眼鏡処方の流れとポイントまとめ

眼鏡処方において最も大切なのは、

患者さんと一緒に検査を進めていくこと

です。

ニーズに対して眼鏡でどこまで対応できるのか、
なぜこの度数を選んだのかなど、常に患者さんに
説明します。

検者側が一方的に検査を進めることが
ないように注意しましょう。

患者さんをよく観察してコミュニケーションを
とれれば、必ずニーズにあった眼鏡処方が
できるようになりますよ。

後輩視能訓練士

眼鏡処方のポイントがわかりました!明日から実践してみます!

先輩視能訓練士

ひとつひとつの件数を丁寧にこなしていけば、ちゃんと上達しますよ!

がんばってくださいね!

視能訓練士 眼鏡処方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

視能訓練士応援「Contact メディア」は視能訓練士に特化した求人情報サイト「Contact キャリア」が運営するメディアです。勉強や仕事、就活、転職などなど。学生〜既卒まで幅広い方に役立つ情報をお届けしています。
また、ご自身の経験談(学生時代の悩み、仕事の悩み、転職の悩み)についてお話を聞かせていただける方を募集しています。

目次