視能訓練士のいない眼科の転職でうまくいくための2つのこと

視能訓練士 いない 眼科 
後輩視能訓練士

転職先が田舎で、視能訓練士が自分以外にいない! どうしよう!?

視能訓練士がいない眼科と聞くと、
それだけで不安が募りますよね。

「視能訓練士がいない眼科ってあるの?」
と驚かれる人もいるかと思いますが、
実際にあります。

私自身、
視能訓練士がいない眼科に転職し、
現在なかなかうまく働けています。

この記事で「転職先に視能訓練士ゼロ」
という崖っぷちに立たされている人の
不安を、少しでも解決できればと思います。

この記事でわかること
  • 視能訓練士がいない眼科に転職する場合の注意点
  • うまく働くコツ

LINE登録者限定
「履歴書の書き方ガイド」はこちら

目次

視能訓練士のいない眼科で理解すべき点

視能訓練士のいない眼科では、次の点に注意して下さい。

  • 視能訓練士がいなくても回る
  • トップが視能訓練士を軽視
  • 現場ではかなり期待される
  • 新人には厳しい

視能訓練士がいなくても回る

田舎の眼科では、まだまだ無資格者の方が
検査をしている施設も多くあり、スタッフは
プライドを持って働いている
ということを
忘れてはいけません。

これからは資格のある者が検査をする
ように、という時代に変わろうとして
いますが、視能訓練士がいなくても
外来は回る
のです。

先輩視能訓練士

視能訓練士であることをおごらずに、あつれきを生まないような働き方が大切です

トップが視能訓練士を軽視

経営のトップが視能訓練士の存在を
重要視していないことが多いです。

なぜ眼科に視能訓練士がいない状況が
あるのかというと、田舎でなかなか
視能訓練士の求人を出しても来ない

というのが大きな理由です。

一方で、
「視能訓練士の代わりはいくらでもいる」
とトップが考えている、ということもあるのです。

眼底カメラやOCTは機械の技術が進歩
しており、誰が検査をしても精度が
高くなりました。

無資格でも経験があれば、特別な
眼底疾患の知識がなくても十分な
データを測定できてしまいます。

先輩視能訓練士

「給料泥棒」と思われないよう、せいいっぱい活躍して院内の地位を確立しましょう

現場ではかなり期待される

現場には「視能訓練士なら当然知ってる
よね、できるよね」
という期待を持って
いる方が多いのも事実です。

無資格者が一般検査を当たり前に
こなしているその環境であればこそ、
視能訓練士が一般検査をこなせて当然、
それ以上のことはもちろんできると思われます。

実際には視能訓練士であっても、時間を
かけて経験を積みながら、知識、技術を
習得していくものです。

いきなりできるわけではないのですが、
できて当然という高いハードルを越え
なければ
なりません。

新人には厳しい

新卒、あるいは経験の浅い視能訓練士が、
視能訓練士のいない眼科に就職するのは
かなり厳しい状況です。

先輩スタッフがいくら勉強熱心で検査を
回せているとはいえ、体系的に知識を
学んだ視能訓練士と同じような検査への
深い理解があるとは限りません。

しかし、無資格でも長年検査を続けて
いる人は、視能訓練士の新人よりも
検査を回すことができます。

新人が頼るのは、『視能学』で学べる共通認識を持たない、独学の先輩ということになります。

応用は基礎があってこそ。

今後のキャリアパスを考える上でも、
基礎力が育ちにくい環境は新人には
おすすめできません。

視能訓練士のいない眼科でうまくいくコツ

視能訓練士のいない眼科でうまく
やっていくには、人間関係を良好に保ち、
と存在意義を全うすることが重要です。

低姿勢で堂々と働く

低姿勢で謙虚さを持ちつつ、「改善すべきポイントをうまく伝えながら」働くことが大事です。

視能訓練士であっても、
その組織の中では”新参者”です。

無資格者の方がその病院では先輩と
なるので、配慮を忘れないよう
人間関係を良好に保ちましょう。

すべてのスタッフは全力で患者さん、
眼科医院のために働いています。

先輩視能訓練士

先輩たちのプライドと視能訓練士としてのプライドを調和した働き方ができれば、長期にわたって良好な関係が築けます

雇われたニーズに応える

視能訓練士が雇われたのには理由があるので、
そのニーズに応えられるようにします。

医師や先輩スタッフとよくコミュニケーション
をとり、自分が雇われた理由を深く知り、
認識のズレをなくす
ことが大事です。

これまで視能訓練士がいなくても回って
いた眼科なのに、なぜ雇われたかと
言えば、視能訓練士に任せたい仕事が
できたからです。

小児の来院数が増えた、ロービジョン外来が
発足したという理由や、体裁が悪いから、
人手不足でスタッフの有給休暇が
とれないからといった理由も考えられます。

たとえ積極的な理由でなかったとしても

「自分がなぜここにいて、何をすれば応えられるか」

をよく考えましょう。

視能訓練士のいない眼科の実体験

私は視能訓練士が8人在籍していた
クリニックに10年以上勤めた後、
「これから眼科をもっと良くしていきたい」と
医師から声をかけられ、視能訓練士が
一人もいない病院へ転職しました。

人生初、視能訓練士のいない眼科に
転職して気づいたことは、

資格を持っているだけですごいハードルを上げて見られる

という点です。

転職先の眼科医院では、
事務やOMAが視力検査、眼鏡処方、
眼底カメラ、OCT撮影もしています。

IOL検査とプリズム眼鏡の処方は
医師が検査しており、視能訓練士なしで
検査を回していたのです。

先輩視能訓練士

これは本当に驚きました

そんな中、
私は「視能訓練士の資格を持っている」
というだけで「すべての検査をパーフェクト
にできて当たり前」
と認識されていました。

幸い私は10年のキャリアがあり、
転職先のニーズにも答えられるような
働き方ができています。

視能訓練士のいない眼科に転職が
決まったのであれば、一通りの検査の
練習や勉強のおさらいはしておくべき

だと思います。

まとめ

視能訓練士がいない眼科で働く際には、
もともといなくても検査が回る病院の
中で、視能訓練士の価値を与えなければ
いけません。

あらゆる検査を行うことはもちろん、
ほかのスタッフや医師とのコミュニケーション
をとり、「雇って正解だった」と思って
もらえるのがゴール
です。

視能訓練士の価値を与えつつ、医療レベルの
向上に一役買い、地域の患者さんのために
なる眼科づくりに貢献しましょう。

視能訓練士 いない 眼科 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

視能訓練士応援「Contact メディア」は視能訓練士に特化した求人情報サイト「Contact キャリア」が運営するメディアです。勉強や仕事、就活、転職などなど。学生〜既卒まで幅広い方に役立つ情報をお届けしています。
また、ご自身の経験談(学生時代の悩み、仕事の悩み、転職の悩み)についてお話を聞かせていただける方を募集しています。

目次