「視能訓練士の身だしなみ」基本の服装や髪形、化粧などの線引きを紹介

しっかりした身だしなみの女性
この記事で分かること

視能訓練士の身だしなみの基準

視能訓練士は眼科で働く医療従事者です。
身だしなみについて、
どこまでがOKでどこからがNGなのか
判断に迷うこともあるかもしれません。

身だしなみは、
職場の環境や上司の考え方によって
ルールが異なります。

特に、医療従事者は身だしなみを
大切にしておかないと、
業務に支障が出る可能性
あるため注意が必要です。

この記事では、
医療従事者としての身だしなみの基準
ご紹介します。


また、気を付けながら
オシャレを楽しむ方法も解説しますので、
参考にしてください。

目次

医療従事者の基本的な身だしなみ

医療従事者の身だしなみは清潔感が重要です。

人は見た目で相手を判断します。
仕事内容によりますが、
社会人として身だしなみを整えることは
最低限のマナーです。

視能訓練士は患者様とコミュニケーションを
取りながら検査を行うため、
患者様に与える印象は重要です。

患者様は病気の治療を目的に
眼科に来院するので、
検査者や医師が信頼できるかどうかが、
より重要視されています。

身だしなみの項目別《線引き》紹介

眼科での視能訓練士の身だしなみについて、
具体的な線引きをご紹介します。(注1)

  • 髪形
  • 化粧・顔わまり
  • 服装

上記の4点を項目別に
注意点を解説しますので参考にしてください。

髪形の《線引き》紹介

髪形は身だしなみの中で
とても大切な部分です。
眼科には高齢の患者様や、
子どもの患者様も来院されます。
流行のヘアスタイルやカラーは
理解されにくいので注意しましょう。

とても
好印象
グレー
ゾーン
絶対にNG
髪形清潔さ毎日洗髪していて健康的な髪質ダメージが目立つフケ、抜け毛などが
気になる
髪形顔にかかる髪はまとめる/前髪が顔にかかっておらず止められている肩にかからないボブスタイル/前髪のある髪形/パーマ奇抜な髪形/巻き髪/整髪料を多量に使用している/髪形ボサボサ
地毛の色ダークブラウンなど暗めのカラー/
自然の状態に近い髪色
ブリーチをした明るい髪色
長さ肩にかかる長さの髪は1つにまとめ上げる/
もみあげは伸びすぎていない
短めのツーブロック/長めの丸刈り長い髪をそのままにしている

働く施設によってルールは異なりますが、
絶対にNGのラインを超えないように
気を付けましょう。

例えば、カラーリングはせずに
自然なパーマを当てる、
少しだけ明るめにカラーをしているが
まとめ上げていているなどグレーゾーンとの
バランスをとることもおすすめです。

爪の《線引き》紹介

視能訓練士は、患者様の顔の前に
手を出して検査をすることがよくあります。
指先が見られやすい職種なので、
注意が必要です。
伸びた爪で患者様を傷つけるようなことは
間違ってもあってはなりません。

とても好印象グレーゾーン絶対にNG
ネイルネイルはせず、健康的で清潔感がある透明や薄いピンクのマニキュア(ほとんどの場合はNG)ジェルネイル色のついたマニキュア/つけ爪
長さ短く切り、やすりで整えている3mm以内に伸びた爪爪が割れている/
伸びている

視力検査では、頻繁に検眼枠のレンズを
入れ替えて検査します。
また、患者様の眼鏡を預かって度数を
調べることもあるので
手に清潔感があるかは
患者様が気になる点です。

手荒れが気になる場合は、
ハンドクリームで保湿するなどの
対策
を心掛けましょう。

化粧・顔まわりの《線引き》紹介

化粧は健康的に見えるような
ナチュラルメイクを心掛けましょう。

とても
好印象
グレーゾーン絶対にNG
化粧ナチュラルメイク無色のリップクリーム顔なじみの良いカラーのアイライン、
アイシャドー自然な色のリップ
派手なメイク薄すぎる眉毛

血色がよくない
くまができているのを放置している

リップグロス匂いのついている化粧品の使用

血色が良くなかったり、
くまができていると
不健康な印象を与えてしまうので
コンシーラーやファンデーションで
隠すようにしましょう。

チークやアイシャドウに色物を使う場合は、
肌なじみが良い色を
薄く使用する程度であれば
許容範囲かもしれません。
化粧品を購入の際は試し塗りをして、
確かめてから購入することをおすすめします。

服装の《線引き》紹介

眼科では、制服が
統一されていることが多いです。
サイズに変更が出た場合は必ず申し出て、
自分に合ったサイズを心がけましょう。

とても好印象グレーゾーン絶対にNG
制服よれ、シワ、汚れがなく清潔サイズが合っている/
白の靴下、またはベージュのストッキング
カーディガン/少し柄や色のついている靴下汚れている糸のホツレがある/靴のかかとを踏んでいる/下着の色が透けて見えている

カーディガンは温度調節に便利ですが、
厳密にはNG
です。
施設の決まりに従うようにしましょう。

温度調節には腹巻や
薄手のレッグウォーマーを使用
すれば、
外見にも影響しにくいでしょう。

また、制服への着替えは勤務先についてから
行うことがほとんどです。
通勤時の服装については
基本的に自由なことが多いでしょう。

しかし、以下のような服装は、
万が一通勤中に患者様と
お会いした際に失礼になるため注意しましょう。

  • 露出の多い格好
  • 高いピンヒール
  • カジュアル過ぎる服装
  • ジャージなど

私服で勉強会や面談に
参加する可能性もあるので、
同僚にみられても恥ずかしくないように
気を付けましょう。

また、休日とは別に通勤用の服装を
数パターン用意しておけば
忙しい朝の時間短縮にもなります。

医療従事者は身だしなみが大切な理由

医療従事者は患者様に「安心感」を
与える必要があります。
身だしなみを整えることは、
患者様との信頼を得るための入口です。

患者様の信頼を得られなければ、
適切に治療が行えません。

  • 検査に協力してもらえず、
    適切な検査結果が得られない
  • 通院の頻度や点眼の回数を守ってもらえない
  • 治療に不信感を抱かれる

このように業務に支障をきたしてしまうため、
視能訓練士の知識や検査のスキルと
同様に身だしなみを整えることは大切です。

気を付けながらオシャレは楽しめる

仕事のために、オシャレを
全て我慢する必要はありません。
気を付けながらオシャレを楽しみましょう。

《オシャレを楽しむための工夫まとめ》

  • 身だしなみは自分の基準ではなく、
    相手に与える印象が大切

ヘアスタイルや化粧について、同僚や家族に
アドバイスを求めてみましょう。
自分1人で考えるよりも
基準を守ったオシャレの幅が広がります。

  • 接遇のスキルをアップさせよう

あいさつ、表情、態度は身だしなみに
加えて基本的な接遇のスキルです。
相手に好印象を与える
他のスキルを身につければ、
相手から見える印象も変わるかもしれません。

  • プライベートな時間に楽しむ

勤務時間はまとめている髪を
普段はおろしたり、ワンデーの
カラーコンタクトレンズを使用するなど
工夫をすればプライベートな時間と
勤務時間とのメリハリがつきます。

仕事のある日は
ナチュラルメイクをしておいて、
終業した後に色みを足して
プライベートの時間を過ごすなど、
できる工夫はたくさんあります。
上手にオシャレを楽しみましょう。

医療従事者の身だしなみまとめ

整った身だしなみは
患者様に「安心感」を与え、
業務を円滑にする効果があります。
視能訓練士の専門的な検査には
患者様の協力が不可欠なので
注意をしましょう。

検査や患者様とのコミュニケーションが
うまくいかないと思っている方は、
ご自身の身だしなみを一度確認してみましょう。

「Contact」視能訓練士応援メディアは
全国の学生〜現役の視能訓練士を応援しています!

最新情報お届けはこちらから → https://lin.ee/iIoC84P

参考:

(注1)マイナビ看護学生 https://nurse.mynavi.jp/conts/j_manner/01/

しっかりした身だしなみの女性

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

視能訓練士応援「Contact メディア」は視能訓練士に特化した求人情報サイト「Contact 人材サービス」が運営するメディアです。勉強や仕事、就活、転職などなど。学生〜既卒まで幅広い方に役立つ情報をお届けしています。
また、ご自身の経験談(学生時代の悩み、仕事の悩み、転職の悩み)についてお話を聞かせていただける方を募集しています。

目次