クリニックの離職率を下げる方法とは?

眼科クリニックの離職率軽減

スタッフの離職率が高いことは、さまざまな面でマイナスに働きます。

一つ間違えると「ブラックな雇用環境であるクリニック」と口コミやSNSで噂が広がりかねません。また、離職したスタッフの穴を埋めるために他のスタッフへ負担がかかります。

さらに離職者が出ることで、日常の診療に加えて採用活動をする必要に迫られます。そこで今回の記事では、クリニックスタッフが離職する主な理由と対策について解説していきます。

離職者が少なくなる秘訣を紹介していますので、ぜひ参考になさってください。

目次

スタッフがクリニックを辞める理由

スタッフの離職率を下げるには、なぜ辞めるのかという理由を理解する必要があります。

スタッフがクリニックを辞めたいと考える理由は大きく分けて

  • 人間関係のトラブル
  • 業務量や残業が多い
  • 女性特有のライフイベント

上記の3つが挙げられます。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

人間関係のトラブル

クリニックでは少人数のスタッフが協力して運営に携わっています。

狭い環境であるからこそ、不満を感じると他に逃げるという選択が取りにくく、結果的にそのまま退職につながることが多く見られます。

クリニック開業当初は誰もが不慣れで、上手くいかないことも出てきます。

そんなときに表情や態度に不満を表す人がいると、職場の雰囲気が悪くなり、意見を言い出しにくい環境になってしまいます。また、人間関係のトラブルはスタッフ間だけの問題ではありません。

院長や事務長のイライラはすぐにスタッフへ伝わります。

感情的なスタッフが多いクリニックは離職する人が増える傾向にあるため、注意が必要です。

業務量や残業が多い

ワークライフバランスの重要性が叫ばれている昨今、拘束時間の長さが離職の原因となる例が増えています。

クリニックはオペレーションの効率を定期的に見直さなければ、患者さんの増加につれて業務量も増え、残業時間も長くなってしまいます。

クリニックのスタッフは女性が多く、パートタイマーは子育て世代ばかりという医院も多いのが現状です。

学校行事や子どもの突発的な病気に対応できず、家族から仕事への理解を得られにくくなり退職というケースも考えられます。

女性特有のライフイベント

職場が出産や育児といった女性特有のライフイベントへの理解に乏しく、休職ではなくそのまま退職する場合があります。クリニックにとって、出産や育児を経験した女性はかけがいのない人材です。

経験やスキルを持つスタッフが妊娠したことを相談でき、ライフイベントに対するバックアップ体制が整っていると、安心して働き続けられることでしょう。

離職率が高いクリニックの特徴

次に離職率が高いクリニックの特徴についてご紹介します。

離職率が高いクリニックの特徴は、スタッフがクリニックを辞める理由とも相関関係が見られます。

職場の雰囲気が悪い

スタッフ間や院長、事務長との風通しが悪いクリニックは、不満が蓄積してどんどん雰囲気が悪くなりかねません。ほめられることが少なく、批判や非難などマイナスな言動が多い職場で働きたいと思う人は少ないでしょう。

職場の雰囲気が悪くなると退職するスタッフが徐々に出てきます。

新たなスタッフの補充をしなければいけませんが、そこに手間取ることで、残りのスタッフにツケがまわり、結果的に大量退職につながることもあります。

患者さんはスタッフの離職にも意外と敏感です。

離職が多いクリニックは、経営面や雰囲気が悪いと敬遠されてしまうでしょう。

教育システムが整備されていない

少人数で構成されるクリニックでは、スタッフの教育システムの整備が行き届いていないケースが見られます。

「誰かが教えるだろう」や「なんとかなるだろう」」という風潮のままでいると、スタッフに不満がたまりやすくなります。

院長も含めた全員で共有するマニュアルや、スタッフそれぞれの担当業務内容を明確化することは重要です。

特に、新しいシステムや医療機器を導入する際には、院内で勉強会等を行い、共通認識できるマニュアルを作成することでスタッフ間の教育格差が生まれにくくなります。

求人内容と実際の業務内容の差が大きい

スタッフが離職しやすいクリニックでは、求人内容に甘い言葉ばかりがならんでいる例も見受けられます。

職場の雰囲気が悪いにもかかわらず「アットホームな雰囲気です」という求人内容を見て入職された方は、思い描いていた職場とのギャップから早期の退職につながるでしょう。

業務内容や残業時間についても、あまり良い面を強調しすぎると逆に離職につながりやすくなります。

離職率を下げる効果的な対策

では、具体的にどのような対策をとればスタッフの離職率を下げられるのでしょうか。

生産性を高めつつ雰囲気の良い職場に改善することは、患者さんファーストの視点からも非常に望ましいです。

ここからは、スタッフの離職率を下げる効果的な方法について解説していきましょう。

スタッフとコミュニケーションを頻繁にとる

風通しが良く、相談しやすい職場づくりは、スタッフの不平や不満をヒアリングすることから始まります。スタッフの退職が続いている際には、多少時間がかかってでもミーティングをする機会を設けることをおすすめします。

院長や事務長がスタッフの現状に興味を持って耳を傾ける姿勢を見せることで、相互理解ができ、悩みや不満、意見を言いやすい環境になります。

定期的なミーティングの時間を作って、院内のコミュニケーションを円滑にするように心がけましょう。

適切な評価をする

診療に直接は関係しない小さな気配りが、患者さんから評判の良いクリニックづくりにはかかせません。周りを見ながら動けるスタッフは、院内のオペレーション効率化に大きく貢献してくれます。

スタッフを一人一人見て良いところをほめる、さらには給与や待遇も適切に引き上げることはとても重要です。

全員横並びで年功序列な評価制度のクリニックでは、積極的な意見や改善点は出てこないでしょう。
クリニックにとって必要な人材を評価することは、院長や事務長の大きな役割です。

福利厚生の充実

これからの時代、出産や育児などのライフイベントの変化に伴い勤務環境を整えることは必須です。

また、定着したスタッフに対しては、勤続年数に応じて連続した有給休暇(リフレッシュ休暇)を取得できる制度を導入するクリニックも増えています。

給与や手当を手厚くすることも大切ですが、スタッフが何を必要としているのかを聞き取り、福利厚生に反映させることで定着率が高くなるでしょう。

4. まとめ

今回の記事では、スタッフの離職率を下げる効果的な方法について解説してきました。

クリニックのスタッフは近隣から採用するケースも多いです。そのため離職率が集患に影響を与えることも考えられます。

今回ご紹介した、スタッフが離職する理由を理解し、離職率を下げる効果的な方法を実践して、地域から愛されるクリニックづくりにぜひ役立ててください。

よろしければシェアお願いします。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

眼科開業医向けメディア「眼科経営ナビ」は眼科に特化した採用・マーケティング支援を行う株式会社Contactが運営するメディアです。クリニックの集患、採用の記事やこれから開業される方向けにお役立ち情報をお届けしています。
また、眼科医向け院内インタビューも実施しています。
ご興味ある方はご連絡ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる