クリニックのオープニングスタッフをうまく採用するためには?

眼科クリニック

クリニックの開業前には、各種届け出や内装工事などすべきことがたくさんあります。

開業を共に迎えるオープニングスタッフの採用活動も、そのうちの一つです。

しかし、スタッフの採用活動は、勤務医時代にはほとんど経験したことのない分野だと思います。

そこで今回の記事では

  • オープニングスタッフに最適な人材の特徴
  • オープニングスタッフを集める方法
  • おすすめの求人関連サイト

についてわかりやすくご紹介します。

目次

クリニックのオープニングスタッフに最適な人材とは

オープニングスタッフは、開業時に力強いパートナーとなってくれる人材を採用する必要があります。

どのような面に注目して人材を採用するべきかについて、具体的なポイントを解説していきます。

即戦力となる経験やスキルを持っている

オープニングスタッフには、開業するクリニックにおける「診療手順の構築」という初めの土台作りという点で力を発揮できる経験やスキルを持っている人が必要です。

クリニックの理念を理解しつつ、これまでの経験を活かして診療のスムーズな流れを作れるスタッフがいると、先生も落ち着いて開業を迎えられるでしょう。医療業界の経験が浅いスタッフのプリセプターとしても活躍を期待できます。

人柄が良く協調性がある

クリニックは、医師、看護師、コメディカルスタッフ、医療事務など、専門性を持ったスタッフの協力のもとで運営されます。

そのため、業種の間を越えた交流や情報の交換を、開業前には頻繁に行わなければなりません。

年齢や経験、スキルに関係なく、協調性を持ってコミュニケーションをとることができるスタッフは貴重です。また、雰囲気を明るくしてくれる人がいると、職場全体が活性化されて皆が気分良く働けるでしょう。

接遇やマナーに優れている

不安や悩みを抱えて来院する患者さんを迎えるスタッフは、高いレベルの接遇やマナーを身につける必要があります。特に、開業直後のクリニックの印象に置いては接遇やマナーの丁寧さ、正しさは最重要ポイントと言っても良いでしょう。

しかし、人の立ち振る舞いはすぐに変わるものではありません。面接の際には所作や言動にも注意を払い、礼儀正しい人を雇用できるといいでしょう。

クリニックのオープニングスタッフを集める方法

必要な人材の質と数について検討が終われば、いよいよスタッフの採用活動です。この章では、人材採用活動によく利用されている求人媒体の種類とその特徴についてご紹介します。

ハローワーク

ハローワークは、厚生労働省が設置する公共職業安定所のことを指します。

ハローワークの特徴は、募集から採用まで費用が全くかからないことです。現在では事業所登録から結果の通知まで、すべて「求人者マイページ」上で行えます。

一方、応募から採用までの各種手続きは、すべてクリニックが行わなければなりません。

広告媒体

広告媒体は、ネットを利用した求人サイトと、新聞折込広告などの紙媒体に分類されます。

現在では「Indeed(インディード)」などをはじめとした求人ポータルサイトの利用が一般的です。

どれも求人活動の大幅なコストカットにつながりますが、求人広告の作成や応募者への対応などは、ハローワークと同様にすべてクリニック側で行わなければなりません。

人材紹介会社

開業前の忙しい時期は、費用をかけてでも採用活動の負担を減らすことを考えてみてはいかがでしょうか。

無料の広告媒体での求人では、オープニングスタッフの確保にかなりの時間と労力を割く必要が出てきます。クリニックを専門とした人材紹介会社は、スキルや経験年数等を伝えるだけで、理想に近い候補を紹介してくれます。

ただし、採用者が決まった場合の成果報酬は、人材の年収の20~30%と高額です。

自院のホームページ

最近では、クリニックの開業に先立ってホームページを開設して、プロモーションすることが一般的です。ネットの広告媒体と組み合わせると、開院前のホームページへのアクセスから求職者の応募に繋がるケースが考えられます。

自院のホームページであれば、クリニックの内観や外観の写真やパース、院長の理念、採用条件を自由に掲載でき、採用に対しての費用もかかりません。

前の職場からの引き抜きや知り合いからの紹介

開業時に、経験やスキル、人柄も知っている勤務医時代からの気心が知れたスタッフの引き抜きをお考えになることもあるでしょう。しかし、開業してからも病院とは良好な関係を保つ必要があります。

後々もめ事にならないよう、引き抜きたいスタッフの円満退職に最善の注意を払う必要があるでしょう。また、知り合いから紹介されたスタッフについても、慎重な検討をおすすめします。

万が一、何らかの問題が起きた場合でも、知人との関係を考えると指導や教育をしにくい可能性が考えられるため、知人の紹介とはいえ面接等で人柄やスキルを把握しましょう。

オープニングスタッフを集めるおすすめ採用サイト

オープニングスタッフを集めるにはさまざまな方法があることがわかりました。

最後におすすすめの採用サイトをご紹介します。

Indeed(インディード)

Indeedとは、求人に特化した検索エンジンです。「キーワード」と「勤務地」を入力すると、候補と考えられる求人情報のWebページが検索結果として表示されます。

Indeedは、初期費用、掲載費用、成功報酬のいずれも原則として無料です。より多くの求職者の閲覧を希望する場合には、「スポンサー求人」という有料オプションが用意されています。

スポンサー求人はクリック課金型を採用しており、クリック単価によって掲載される場所が変わるのが特徴です。低コストで始められるIndeedですが、応募者への対応等、求人広告の掲載以外はすべてクリニックで行う必要があります。

あわせて読みたい

ジョブメドレー

利用求職者数がもっとも多い医療介護求人サイトが「ジョブメドレー」です。一般の求人サイトと違い、求人掲載料が無期限・無料であること、求職者に対し企業からからスカウトできることが特徴です。

成功報酬型の求人サイトであり、かかるコストは「職種に応じた固定の採用費のみ」というのは魅力的ではないでしょうか。求人票の作成は、作成済みのものを元に原稿をジョブメドレーが代行作成を請け負っています。

求人情報を掲載して待つだけではなく、毎月200通まで無料でスカウトメールを送れることも特徴です。採用者の早期退職に対しての返金制度は、安心材料として受け止められています。

日本最大級の医療介護求人サイト ...
日本最大級の医療介護求人サイト | ジョブメドレー ジョブメドレーは、日本最大級の医療介護求人サイトです。全国のプロフェッショナルと病院/歯科医院/介護事業所などのマッチングサイトです。キャリアアップを目指す方の転...

Contactキャリア

視能訓練士の採用に特化している求人サイトが「Contactキャリア」です。

初期費用や求人情報の掲載費用は無料であり、採用が完了した際のみに料金が発生する、成功報酬型の求人サイトです。求人票の作成については、FAXやメールで既存のものを送付すれば、専任のスタッフが代行で作成してくれます。

大きな特徴としては、クリニックの魅力やアピールポイントをインタビュー記事として作成してくれることです。

このインタビュー記事はクリニックのホームページへも掲載可能なため、採用活動以外に集患対策としても活用できます。また、ジョブメドレーと同様に、早期退職に対する返金保証制度を設けています。

まとめ

オープニングスタッフの採用は開業の大きな準備作業の一つです。

特に視能訓練士は人数も少なく採用が難しいことも多々あると思います。本記事を参考に、すばらしい人材との出会いがあることを願っています。

よろしければシェアお願いします。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

眼科開業医向けメディア「眼科経営ナビ」は眼科に特化した採用・マーケティング支援を行う株式会社Contactが運営するメディアです。クリニックの集患、採用の記事やこれから開業される方向けにお役立ち情報をお届けしています。
また、眼科医向け院内インタビューも実施しています。
ご興味ある方はご連絡ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる