理解しておきたい!クリニックのホームページ作成の流れ

医療機関も選ばれる時代になった昨今、ホームページは存在を認知してもらう重要な手段です。

クリニックのホームページを作成する際には、患者さんから求められている内容を掲載するとともに、好ましい印象を持たせるデザインにも配慮が必要です。

今回の記事では、クリニックのホームページ作成時に理解しておきたいポイントについて解説しています。ぜひ最後までお読みいただき、患者さんが満足するホームページ作成の参考になさってください。

目次

なぜクリニックのホームページを作るのか

ホームページはクリニックの認知向上に重要だと考えられています。

ホームページ閲覧は、新規の患者さんが来院するきっかけの上位を占めています。クリニックがホームページを持つべき理由を解説していきましょう。

クリニックの概要を知ってもらう

来院のきっかけがクリニックのホームページ閲覧という例は、今後も増えていくと考えられています。クリニックの開業を計画中であれば、開業前にホームページを作成して有効活用することがおすすめです。クリニックのホームページには以下の3つの役割があります。

  1. ホームページを閲覧した方に安心感を持ってもらう
  2. どんな雰囲気のクリニックなのかを知ってもらう
  3. 来院を検討している方にクリニックの基本情報を伝える

クリニックの外観や内観の写真、診察までの流れなど、患者さんが知りたい概要をホームページを通して知ってもらうことが大切です。

集患に効果的な媒体である

クリニックの新規開業時に重要となる集患対策。まずはクリニックの存在を認知してもらうところから始まります。集患対策を進めるためには、さまざまな媒体を活用しなければなりません。

新聞広告や看板の設置、内覧会など従来タイプの媒体を使った告知も重要です。しかし、ホームページを閲覧したことが来院の動機となっている患者さんが大きな割合を占めているのが現状です。

手軽に検索できるインターネット上の集患対策媒体として、ホームページの重要性が高まっているといえるでしょう。

 どんな患者さんに向けて作成するのか

クリニックのホームページ作成を始める際には、どのような患者さんに閲覧してもらいたいかをイメージすることが大切です。ターゲット層を明確にすることで、ホームページやデザインの方向性も決定しやすくなります。

ターゲット層を明確にする

郊外にある小児科クリニックと駅前の美容系クリニックでは、集患の対象となるターゲット層が大きく異なります。ご自身のクリニックへ来てほしい患者さん像を分析することで、検索意図やキーワードが明確になります。

ターゲットとする患者さんの目線でクリニックのホームページを設計することが、来院へつながるホームページづくりにはかかせません。「どのような人にホームページを見てもらいたいか」を常に意識することが大切です。

安心感を感じてもらえる内容に

ターゲット層が明確になれば、ホームページへ掲載する内容を絞り込みやすくなります。同時にターゲットと考えている患者さんが、来院しやすい印象を与えるホームページも重要です。

内容が充実していても、見づらいホームページでは読み続けてもらえません。文字の大きさやデザインもターゲットに合わせた仕様にする必要があります。

ホームページのデザインとコンテンツを考える

さてここからは、クリニックのホームページ作成の根幹となるデザインとコンテンツについて考えていきましょう。

ホームページのデザインはどう決める?

クリニックの開業計画では、デザイン全体に統一感を持たせることが重要です。クリニックの外観や内装とホームページのデザインをリンクさせてることで、患者さんに認知されやすくなります。

また、ホームページの「わかりやすさ」を追求することも大切です。たとえば、内部リンクはボタンをわかりやすい位置や大きさレイアウトするなど、患者さんが知りたい情報へ最短でたどり着けるデザインを目指しましょう。

載せるべきコンテンツとは?

クリニックのホームページを訪れた患者さんは、身体に何かしらの違和感、痛みなどがあり、症状の検索や受診する医療機関を探しています。必ず掲載すべきコンテンツについてまとめてみましょう。

  • 基本情報(診療科目・院長の紹介・外観、内観の写真)
  • 営業情報(診療日・診療時間と窓口受付時間)
  • 初診の方への案内
  • 専門とする診療領域と方針
  • 院内設備の写真と説明
  • 医師のプロフィール
  • 来院案内(住所、地図、最寄り駅からのアクセス、駐車場の有無)
  • 最新のお知らせ
  • 院長やスタッフが更新するブログ(可能であれば)

上記の内容が一つでも欠けていると、利便性が低く信頼されにくいホームページとなってしまいます。

新規開業の際には、クリニックの存在を早く知ってもらうために、ホームページ作成のスピードが重視されます。

基本的な情報と、クリニック外観のデザインパースなどのイメージが湧く画像、そして開院へ向けてのメッセージに絞って早めに公開しましょう。

ホームページを作成する際のポイント

ホームページを最初から作って更新を続けることは、普段の臨床業務に加えての作業となるため、院長やスタッフだけでは難しいと考えられます。インターネットを検索すると、ホームページ制作会社は非常にたくさんあります。

どのような業者へ依頼するべきか、ポイントを解説していきましょう。

ホームページの運営は専門業者に依頼する

クリニックのホームページを作成しても、検索結果が上位に表示されなければ集患にはつながりません。Googleやyahooからの検索に対してサイトの最適化を図る対策、いわゆるSEO(Search Engine Optimization)対策がしっかりしていて、クリニックのホームページ作成実績の多い会社を選ぶことが重要です。

また、小さな更新のために業者を呼ぶ必要があると、こまめな更新につながりません。Webについての知識がなくても更新できるホームページを依頼するように心がけましょう。

院長やスタッフも積極的に関わろう

患者さんはホームページにも「新鮮さ」を求めています。自分を診察してくれる医師やスタッフの人柄を感じられるコンテンツは、人気があります。
オープニングから少し経って落ち着いたところで、院長やスタッフもホームページの更新に積極的に関わってみましょう。

クリニック内の人が発信する内容は、他にはないコンテンツです。院内の様子を知ってもらおうという気持ちの表れとして、患者さんに好意を持って受け止められます。

まとめ

今回の記事では、クリニックのホームページを作成する際に知っておきたいポイントについて解説してきました。

患者さんの情報収集のツールとして、ホームページの重要性は増す一方です。この記事を参考にして、魅力的でわかりやすいホームページづくりに役立ててください。

よろしければシェアお願いします。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

眼科開業医向けメディア「眼科経営ナビ」は眼科に特化した採用・マーケティング支援を行う株式会社Contactが運営するメディアです。クリニックの集患、採用の記事やこれから開業される方向けにお役立ち情報をお届けしています。
また、眼科医向け院内インタビューも実施しています。
ご興味ある方はご連絡ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる