「眼科医必見」クリニック医療事務の重要性と求められるスキルを解説

眼科クリニックを開業するにあたっては、さまざまな人材の採用が必要となります。

医療事務の採用を考えているけれど「実際の仕事内容について知りたい」「どのような点を重視して採用すればいいのか」と悩んでいる先生は少なくありません。

今回の記事では

  • 医療事務の具体的な仕事内容
  • 医療事務の重要性
  • 採用時のチェックポイント

について、わかりやすく解説していきます。クリニックの医療事務の採用を検討されている先生「必見」の内容となっていますので、ぜひ参考になさってください。

目次

クリニックにおける医療事務の仕事内容

クリニックにおいて医療事務の仕事は多岐にわたります。総合病院の医療事務は、受付業務・医療秘書・病棟クラークなど、細分化された仕事を担当します。一方、クリニックの医療事務はある意味「何でも屋」といえるかもしれません。

クリニック医療事務の主な仕事の内容を具体的に見ていきましょう。

受付業務

来院された患者さんから診察券や保険証を受け取り、予約の有無の確認などを行います。初めて来院された患者さんに対しては、問診票への記入をお願いし、保険証の内容とともにカルテへあらかじめ登録するのも受付業務です。また、電話対応や待合室での患者さんの見守りも、受付の医療事務が担当します。

会計業務

診察終了後、患者さんの窓口負担分を計算して診療費を請求します。具体的な流れは以下のとおりです。

  1. 患者さんの診察が終わったら、診療内容や検査内容等を医師に確認してカルテへ入力
  2. レセコンで保険点数を計算、患者さんの負担割合を確認して窓口での請求額を確定
  3. 窓口での支払いに対応し、次回予約が必要であれば調整する

会計業務が滞ると、診察終了後の待ち時間が長くなり患者さんからのクレームが増加します。
診察が終わって気持ちよく帰宅していただくことも、医療事務で注意したい仕事内容です。

レセプト業務

診療報酬を請求する業務(レセプト業務)は、医療事務のもっとも大切な仕事です。クリニックの窓口会計時には、患者さんの負担割合に応じた診療費の一部を受け取ります。

診療報酬の残りの部分は、審査支払機関を通して保険者へ請求しなければなりません。患者さん別、1ヶ月単位でレセプト(診療報酬請求書)を作成し、翌月10日までに点検・提出する必要があります。

その他

クリニック医療事務が担当する、その他の仕事内容をご紹介しましょう。

  • 院内の環境整備(清掃業務)
  • 備品の発注
  • 保存期間が定められている各種書類の保管
  • 患者さんを別の医療機関へ紹介する場合の取り次ぎ

ただしこれらの業務については、クリニックによって医療事務が担当しない場合もあります。

クリニックにおける医療事務の重要性

クリニックでの医療事務は、患者さんと接する場面だけではなく、さまざまな業務にあたっていることがわかりました。この章では、クリニックにおいて医療事務はなぜ重要なのかを解説していきます。

診療報酬を請求するのは医療事務

患者さんがクリニックの窓口で支払いをするのは、健康保険の負担割合に応じた診療費の一部です。たとえば、負担割合が3割の患者さんの医療費が10,000円かかった場合、窓口の支払いは3割の3,000円になります。

残りの7,000円はクリニックから診療報酬を請求することで、支払われる仕組みとなっています。診療報酬の請求の際に必要となるのが、診療報酬請求書(レセプト)です。医療事務がレセプト業務を行うことで、残りの診療報酬が支払われるため、クリニックにとって大切な役割を担っているといえるでしょう。

クリニックの第一印象を決める

患者さんが来院されて、最初に話をするのは医療事務です。患者さんがクリニックを選ぶ時代となった今、医療事務が与える第一印象はとても大きな影響があるとされています。

不安や辛い気持ちを抱えて来院された患者さんに寄り添い、気分を軽くすることが医療事務に求められている接遇スキルといえるでしょう。

スムーズに診療を進めるサポート役

医師やコメディカルスタッフがスムーズに検査や診療を行えるようにサポートすることも、クリニック医療事務の大切な仕事です。

常に待合室や患者さんを見て、具合が悪そうな患者さんは看護師へ伝えたり、診察の順番が前後する場合には声をかけたりという配慮もかかせません。カルテの準備や検査結果をそろえて、医師の診察を効率よく進めることも医療事務の大切な仕事です。

「眼科医向け」医療事務採用時のチェックポイント

クリニックの医療事務の仕事内容や重要性について理解が深まったところで、実際に眼科クリニックにおいて医療事務を採用する際のチェックポイントについて解説していきましょう。

コミュニケーション能力

医療事務は受付や会計を担当するため、クリニックへ来院される患者さんの最初と最後に印象として残るのが特徴です。眼科では検査へ不安を抱えた患者さんがたくさん来院されます。

患者さんの不安な気持ちに寄り添う姿勢を持った医療事務がいるだけで、クリニック全体の信頼度もあがります。また、少人数で運営される眼科クリニックでは、スタッフ間のコミュニケーションも重要です。医師、コメディカルスタッフ、医療事務同士が良好な関係を築いて高いチームワークを発揮するためには、コミュニケーション能力は必須と考えられます。

PCスキル

基本的なPCスキルは医療事務に必要な能力です。電子カルテやレセコンを操作できなければ、医療事務は務まりません。

オープニングスタッフとして医療事務を採用する場合には、電子カルテやレセコンの経験だけではなく、表計算ソフト(Excelなど)や文書作成ソフト(Wordなど)も操作できる医療事務がおすすめです。院内の掲示物やシフト表の作成なども任せられる人材といえるでしょう。

レセプトに対する知識と経験

医療事務になるには特定の資格や免許は不要です。 採用時にはレセプトに関する知識を持っているかだけでなく、実際に診療報酬請求事務に関わった経験があるかどうかを確認するようにしましょう。

まとめ

眼科クリニックにおいて、医療事務は効率よく診療を進める「要」ともいえる存在です。医療事務には、患者さんやスタッフと良好な関係を築くことや正確な事務処理能力が求められます。

今回の記事を参考にして、信頼できる医療事務の採用へぜひつなげてください。

よろしければシェアお願いします。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

眼科開業医向けメディア「眼科経営ナビ」は眼科に特化した採用・マーケティング支援を行う株式会社Contactが運営するメディアです。クリニックの集患、採用の記事やこれから開業される方向けにお役立ち情報をお届けしています。
また、眼科医向け院内インタビューも実施しています。
ご興味ある方はご連絡ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる